Powered by SuperRockets.All rights reserved.  toiyon.exblog.jp

SuperRockets.T氏が贈る趣味と日常の記録。スロは当面自粛します。※業務連絡。アレが止まっちゃってますのでメールは名字@superrockets.comまでお願いします
by toiyon-blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザーをあまやかすな!
パソコン素人向けのサポートサービスが昔と比べて大分充実してますね。特に出張サポートをウリにしているような所もあってまさにいたれりつくせりです。

でもね、常々思っている事があるんですよ。

「ユーザー甘やかし過ぎだって」

ユーザーに対するサービスは充実するにこした事がありません。使う側の利便性は向上するし、利用中のサポート体制も整っていると後々困った時に便利です。

ただですね、分からない事とか困った事なんでもサポートしちゃうと、いざって時の自己対処が出来なくなると思うんですよ。「困ったらサポートに頼れ!」って自分で解決しようとする考え方が出来なくなっちゃう。自分はパソコンにはちょっと詳しいし、インターネットも今のように普及する以前から使っているのでそんじょそこらの輩よりは理解しているつもりです。なんで、私の所に色んな人からサポートの要請があります。電話でフォローする事なんかしょっちゅうです。技術的なサポートならまだいいんですよ。「使い方通りに自分でセッティングして使ってたのに使えなくなった。自分なりに試してみたけど解決できない」というのであれば症状を聞いて考えられる対処方法を伝える。これならまだ自分でアクションを起こして解決しようとする意思があるので救いようがあります。

困るのが「パソコンとかプリンターの繋ぎ方をやってくれ」とか「インターネットできる様にセットして」とか、自分でアクションを起こさないで最初から自分でやろうとしない人。こういう要請ははっきりいって断ってます。

「それくらい説明書読んでその通りにやれば大丈夫です」

「説明書に書いてある内容がチンプンカンプン」と言おうものならちょっと怒ります(笑)だって最近の説明書は初心者にも分かるようにうざいくらい事細かに解説されているんですから、日本語を読める人なら分かる筈です。まぁ御高齢の御仁であれば仕方ない面もあるので手を差し伸べますけどね。まだまだいける若い人にこういう事言われるとちょっと腹たちます。

いや、結局は使う本人の為を思っての事なんです。

「助けるのは簡単だけど何かあった時自分で対処できなくなるよ。それでもいいの?」

俺だってたとえばインターネット使い始めた頃は分からない事だらけでした。なので本を買って勉強したり、当時はパソコン通信がネット社会で主流だったのでBBSを使って聞いたりしてました。自分の周りに知ってる人がいなかったので自分でアクションを起こす他無かったんですよね。そうやって覚えてきました。

他県まで要請があって遠征した時、往復4時間の道のりなのに実際問題の解決に充てた時間はわずか10分だった、という経験があります。結局はソフトのインストール手順を間違えた為にちょっとややこしい事になってたんですね。

今はインターネットの教則本みたいなのがそれこそ腐るほどあるし、知ってる人も昔と比べ圧倒的に増えました。テクニカルな部分は仕方ないとはいえ、基礎的な事はまず自分で解決する努力をしましょう。

すべては自分の為です。いつまでも「万年初心者」きどりをしていても何もプラス要素はありませんよ!
[PR]
by toiyon-blog | 2004-07-13 02:00 | 時事
<< 超未確認情報 PlayStationの次世代... >>